2018年4月15日日曜日

めまぐるしい

今日はどんな夢を見るのか?最近はめまぐるしい毎日で、たくさんの締切にも間に合わなかったり十分に仕事が出来てなかったりなんとか乗り切っていたりという感じだと思う。迷惑をかけつつあったり、もう少しできたかもしれない仕事。にしても色々違う工夫や考えをまた新たにこしらえ直しながらやっているのも中々一回一回違うからコストパフォーマンスが悪い気がする。今はそういう時期ということかな、頑張りどころだよね、むしろ一回一回を変えるだけの抽象性をそこに生んでるとしたらむしろ時代的に大正解じゃん、仕事のやり方としては。
昨日はあいうコンビで会って色々話聞いてもらっちゃった。前にも聞いたかもなんて態度を持たれてしまって、我ながら呆れてしまう。し、そういった態度をとってくれる友人というのは愛おしいなぁ、な瞬間。でもやっぱり昨日のことは残っている今日なのでなんとかしたい。
久しぶりに好きな映画ディナーラッシュを観ようとしている。借りた。
今日はその足でクラブに久しぶりに行った。音楽や光の光線の中、身体の部位の線がそれらとまた交差し合う。jorgenの写真、また新しくなってる。今度は対象へのフォーカスがはっきりとしてて、いよいよ、ポップさに接近して、多くのファンを生みそう。だけどそれまでの過程がやっぱりあるからで。いやでもそのポップさを持つということはつまり逆にそういった眼差しをカメラ越しに向けているということなのかな。彼の写真がよかったから僕も頑張りたい。いい絵を描きたいと思った。いつか隣に並んだりしたいな。

明日は10年ぶりに会うカナダの友人セブ。
完全に色んなことに身体が追いついてない、少し頭痛もするけど。
めまぐるしいことに悲しくならない。

2018年4月11日水曜日

夜道路がアドベンチャー

こないだのライブでは高校の先輩のバンドどついたるねんの舞台にて踊らせてもらった。
高校の友達も来てくれた。夢ちゃん、ありがとう!
終わっあとの感想がやっぱり夢ちゃんで、なんというか感慨深いね、僕の作った現場でもなくただ僕は招待してもらっただけなのだけど。ラグビー部の人たちとかもすっかり、歳を重ねられていて。しかも赤坂ブリッツってなんか赤坂あんまり踏み込んだことなかったから。
そういえば青沼の結婚パーティーもこの辺でそれで帰りに都留と吉田先生と珈琲飲んだんだんだよね、確か。
やっぱり高校の頃のこととかもこんな風に今でも生きてくるからモーメント、瞬間を生きる事は後ほどの人生の中でも再び生きてくることなのかもしんないね。

打ち上げが終わってまた歩いて40分コースは山登って大きな車道沿いを歩いたりそれなりのアドベンチャーで。これがまた小さい頃のことを思い出すんだよね。小さい頃はたくさん歩いてどこか行くことも多くてアドベンチャー感も身体が小さい上に知識も少ないからあってさ。
それを思い出しつつ電池切れそうなアイファンでナイトクルージングなんか聴くのは大学生の頃の気分かもね。
もっと夜にどこか連れてってくれ〜みたいな感じで途中でやっばし電池が切れて。

打ち上げでは同い年くらいの子たちが結構、大変そうなことを言うから自分は少しそれに喰らってしまって、なんというか、大きすぎる敵を放置してしまいまくった時代なのかな、なんて。ヒーローが欲しいけど、描くのだって放棄されつつある。
そういうことと高校の頃に想いを巡らすことも繋がるし、また、また、、なんだよ、、、って言ってうまく言えない。

そして女の子にそんなじっとされると、ねぇ、そりゃあ。

夜に流星群を聴いて絵を少し進めた時間があったさっき。

2018年4月3日火曜日

久しぶりに日記を書く。この間にも演劇の公演に出たらあれしたりこれしたりしていたんだよね。
30歳になったので、なんかもう少ししっかりしたことを書いた方がいいような気もするんだよね、何かに寄りかかったような文章に何か大丈夫かなという不安がやってくるみたいなさ。
先日、谷川俊太郎展行って、段々と展示を見るに連れそこにある言葉、詩を読んでいくんだよね、最初は文字より他の情報どうしても展示では追ってしまうから。でも割合として当然ながら多いその会場で段々と時間が経つにつれ言葉を読むようになって、地面に段々と着陸していくようにして詩を体験していくと、ほら昔読んでその詩があって、段々とエモい気持ちにもなっていく。時空を超える瞬間がやがて来る。

また谷川俊太郎さんはいつも散文であり続けた、圧倒的散文、散りに散って散りまくってそしたらそれでの芯のあり方ってどういう風に出来たんだろう?それでもあり続けたというのは、逃げ切った身体みたいな感じして、ただただその偉業を前に立ち尽くすしか出来ない。

最近、言葉を説明とかにばかり使い過ぎだけど、もっと人を宇宙に飛ばせるような言葉や詩を生むべきでもある。

2018年3月7日水曜日

保育園

保育園で明日は踊る。パフォーマンスをする。町田の保育園。
もちろん初めて。やっぱし子供だと子供のチューニングになる。しかし子供のグラデーションは大人より多様そうで、難しい。
考えてしまうと底がないのだが、自分なりの現在の考えたところと体での調整でライブしよう。
大事にしよう。
もっと色々と考えられたのになと、前日になり思ってしまう。
しかしまだ明日まで時間があるし、その先にも果てしなく時間はあるが、明日会える人は明日限り。
4月から小学生に上がる子もいる。
学校のことだけじゃなく、色んな環境が変化していく人もいるだろう、家庭も含めて。
自分が保育園から小学生になる時に覚えていることって結構ある、まだそのリアリティは今の自分と関係しながらにある。
思い出す、5歳から30歳になるまでの道のり。その道のりを明日会う人たちはこれからそれが始まる。長い道のり。そして自分にもう一度焦点が帰ってくる、これからの25年。彼らとの25年に比べても十分に充実な重なっていく時間を生きる勇気があるだろうか?
そこをしっかりするためのヒントが明日あるかもしんない。
がんばろう。

2018年3月4日日曜日

グランドスラム

東京塩麹のライブで、渋谷のwwwで一曲踊ってきた。
この日は色んなバンドがそれぞれ良くて、それで客席でノッてる時に思った。いい言葉だと思ったから何回も自分の中でリフレインしている。
この今踊ってる自由は僕のものだ、演奏者は音を空気に放してしまったらそれはもうその人のものではない。これは受け取る人のもので、僕は今日はこれを放さないって瞬間がライティングを受けながらにあると思った。そして同時に、こんの時間をあと何回過ごせるのか、あるいはもっと違う角度の楽しさがあと何回あるのか、数えられるほどしかないんじゃないかとも思ったんだ強烈に。だから余計にそう思ったのかもしれない。音楽なんてそんないつでもあるのに、切実に思ってしまった、真面目過ぎるのか、それとも東京が忙し過ぎるからなのか。
イチローがいきなり浮かぶ。
イチローはアメリカでも真面目だった、突き抜けて。誰も追いつけない。
あの真面目さは日本が作ったものだろうか、わからない。


2018年2月28日水曜日

考え過ぎて眠れない夜、

国立西洋美術館に思い立って行って来たのは、小さくならないため対策。小さな。
昔の絵、油ペインティングで描かれた絵を通して過去にフォーカスして眺めようとしていくそのことに、自分はとても魅力されまたドリーミン、夢みる気分に浸かるのだ。
過去や未来、あるいは誰も知らない世界に向かって何か交信するようなこと、考えら、でもいいかもしんない。そのことと頭や体が、集中を飛ばして繋がれる、線を引いて。そういう感覚はある時にはある。僕もそういうことを飛ばして秘密の交信を誰かも知らない、地球人かはわからない人にまで届くようにと思ってやっている。

モンゴル800の"あなたに"って本当にいい歌。
最近、合唱団によるポップスを聴いていてあなたにも入っている。
この曲はまだ当時高校生とかの彼らが作ったラブソングであり、世界との戦いの曲だ。
彼らにとっての世界がそのまんま描かれているから、大人になって聴くとこの曲で描かれているような世界を作ってしまうのも大人なことにかつて子供だったから泣けてしまうんだと思う。
大人の涙と子供の涙はまた違って、思わず流してしまった子供の涙は、どこへ行くんだろうか、

2018年2月16日金曜日

さてさて

ということで公演が終わって、作品についてはまたどこか別のとこに書くなりするとして橋本匠くんとの3部作がkentaro!!さんのとこから始まってここまで来てしまった。ここまでまさか来れるとは。こっからが大変なのだけど、口から出まかせのようにここまで来てしまった。言い方悪く言うなら。でも作ることには誠実だったし、色々大丈夫なんだけど。

最近はドラえもんの映画をお勧めしてもらって観ている。
んだけど、なんか夜が静まった中にドラえもんとのび太くんの部屋だけ光ってまだ何かしている夜があるということをTV越しに羨ましく観ていた小さい頃を、思い出す。
そんな風にして、そんな場所への憧れとかが実は育てられていて、それは実はずっと大人まで続いてるんじゃないかと思う。そう考えるならもっと、そんな場所を大人になってからも守ろうって人にも言っていれそうな気がするね、ドラえもん。

そうだからやっぱり子供の時にたくさんのことを受け取ってるんだよね、僕ら大人になってからはまた違う視点で受け取ることが多いから。でも安心して。それは子供を経由して大人になっているから。

さてさて。