2021年12月2日木曜日

そのピアノの出だしで泣いてしまう

 映画を見た。
主人公が歌い始め、彼を中心とした世界が始まる。もちろん意識を戻せヴァ、まったく彼を気にしない世界が動いている。
ミュージカルは独白を映す。
でも自意識とか思春期ってほとんどそれで出来てる。
それでどこか懐かしくなって、忘れていたことがもう一度どこどこと音を立てて引き出しから出てくるようにして、もう一回!とやってくる。
映画見てたらもう一回何か出来るような気がしてくるのだ。
まだやれていないこと、やれなかったために苦しんでるものがあるような気がして、、いや、気づいて。

机の上に昨日、美しかったもみじがのっている。

SNSの時代、でもどこか誰かに見て欲しくて。
年を重ねていくとなるべくオープンになって、実際的になって、やることが現実的になって。
子供っぽいだろうか?この感覚。
でもそれが世界に響く可能性は?ない?

もう一回、美しいかもしれないと思う、今思える言葉をなるべくどこかに書こうとする。
自分がこう生きたいを誰からのフィードバックも気にしないところで書いておくことは可能かな。
そう思い立ってベット(布団)の上でこれを書く。
布団よりベットの方が決まって見えるから。でも今は布団の上だ。

こういったミュージカルの感傷なんて今後、大人の社会では使えないだろうか?

学生の頃、たくさん公開される日記に恥ずかしいことを書いては次の日、学校でみんなに会うのが恥ずかしくなっていた。

2つ自分がいることを会った時になんとか調整してわかってもらうことは出来るだろうか、そんな努力は不要だろうか、芸術に邁進するなら気にしなくていいことかも。でも芸術はあなたとの間に起きるものでもあるから、ここに、あなたの目の前にも私は立つ必要があり。

美しい曲を書きたいと思った。
こういうことは20年くらい前にも思ったことだ。
ずっとその時の気持ちが続いていることもとっても大事なんだ。

よし

2021年11月28日日曜日

それと光

 眠れない夜にぼくは1つの線を闇に描きたくなり、棒を手にする。深夜の棒。をまっすぐふかくさしこんでたてにひきさいていく、まっすぐの線は横にたまにズレながら切り裂き傷が左右に引っ張られるようにして出来ていく。闇は黒く、山は暗く、あたりは沈んでいく。ちょうど周りの白い汚れのように見えるやつが大体実は光で。

地球からその光たちのことをぼくは星と呼んだりする。 ぼくとくまはすぐに隣にいてずっと黙ったまま突っ立っていて"あてもなくわけもなく"。忘れた頃にまた形がぼんやりと浮かび上がってくる。

ぜんぶそれらは真上の頂上で行われていたからきっと雨が頭に届くくらいの時間がかかってやっと伝わるだろう。

、、、

それまではコーヒーを飲みにちょっとそこへ行こう。

僕らは丸いテーブルの上にカップを置いてコーヒーがドリップされるのを待つ。雨の中にたまに混じっているんだ。うまくいったから今夜はすぐに2人でコーヒーを飲むことが出きた。くまがコップを使ってコーヒーを飲むのを見るのはかわいい。ごくごく。

やがて静かなそこに青い車が走ってきて止まる。乗り込んだり誘われたりもしない。ただ雨の中、ライトを2つ前方につけて走ってきたブルーの車がうつくしいのだ。くるまの中にくまがいるよ、、耳元で小さなささやき声が聞こえて振り向くとなにもなくなってしまっていた。

テーブルの上であおいくるまもくまもあめも失ってしまった。再びなにもかも失ってしまったからだがとぼとぼと闇の中を歩く。わたしにはからだがある。からだがあるから闇の中にからだをおける。

なぜ、闇なんて言うんだろ。闇を借りてくるんだろう。闇はカーテンの種類の一つくらいのもので、そんなにすぐ闇、闇、借りて言うなよ。そうも今の体でぼくは思えるんだった。

目を開くと明るくてさまざまな色が飛び込んできた。ぼくの命より先に光があったし、色もあったし、今ぼくはそこに参加している。海の満ち引きもそうだけど、光のグラデーションの中にいない瞬間がない。全部が動いている。死んでいない。黒から白まで光まで赤や黄色いや青木やみどりにつたもちつたもはっぱもおいしげるおいしいみずもおじさんも花もいろんな理由もそのわけも理由も自由も色もカタカナも映画もホワイト語も、わたしたちは全部持っている。持ち歩いていていつも溢れこぼれ、落として空気で上昇し歩いている。キスをしたい。

夜中それに気付くと画面が雨で濡れていった。

その状態で今度は夢の中にグーでジャンプし入っていこうと思う。

人と話す時、こんな風に話せない。あふれる想いは伝わる言葉に、音に変換され互いを飛び交う。でもこのかわるがわるのうつくしい光の中を生きているとどうしてももっと違うことばで話したくなってしまう、もっともっともっともっとどうにかして光をあびてしまいたくてしまいたいな、よ。


いきなりどこで泣いてもばかじゃないうそじゃないほんとうじゃない、それしかない。

2021年10月24日日曜日

最近

 段々寒くなってきた。この毛布らだけで大丈夫かな?心配になってきた。 夜ご飯を食べながら映画館で衝撃を受けた宮本から君へ、をAmazon primeで見始める。 そういえばこれ峯田君がインスタで誉めててその後に映画館で観たのだった。峯田君がすごい褒めてて、どんなもんじゃいと見に行ったら日本映画、、ごめんなさい、すごいと思った経験でした。今回、パソコンの小さな画面で見ると改めてどうかな?

最近は世田谷公園のあたりまで走って一周してというランニングコースを走るようになった。が多摩川を走ってたときはたぶん5kmで今のところだと3kmとか、、うーん微妙っちゃ微妙だけど。まぁ様子見で。

少しずつ怪我は良くなっている気がする。少しずつ観劇や鑑賞が再び戻りつつある。

変な技術習得への取り組みの時間がもっと必要だ。出来れば12月に向けてもう少し料理の腕を上げる期間がほしい。レストランでバイトでもする、、とか?なしじゃない気がする、、が時間はいずれにせよあんまりないのだ、、

2021年10月14日木曜日

道路のネズミ

 一平くんと小暮さんのダンスを見た今夜、いてもたってもいられなくなりとにかく少しでもとランニングを、、いや、正直早い段階で今日は帰ったらランニングしようとは決めていたのだけど、それを実行した。帰り道、道路の真ん中の方に盛り上がった物体を発見。いつからか雨とかだとカエルとかがいるんじゃないかと物体などがある程度の大きさであれば見てしまいがち。で、その流れで見てみるとネズミの死骸だった。いつもなら素通りだけど、何かどこか反省モードでせめてもう一回ひかれる心配のない道路脇に死体を移動してやるのはどうか、と思いいたり、うろちょろし何かその死体を運ぶためのものを探してやっと見つけた段ボールの破片を使って身体をそこにのせ運び置いた。あの場所で良かったのだろうか。はっぱをのせ、手を合わせて一礼をした。


2021年10月7日木曜日

 Ostrichの初日が終わったけどあんまりその感じがしなくて明日も劇場に行き稽古し調整し本番中もそこで参加するお客さんと一緒に調整しようとする、というのが上演という気がする。

僕がいわゆるダンスの現場ばかりにいたわけじゃなくどっちかと言えば演劇での小屋入りの方が数えたら多くなってるかもしれないからかそこで育てられた何か基準みたいのはありそう。

とにかく1日目。このチームで作れることがうれしい。率直に。文化祭に参加するのが好きだった高校生の頃、そのことを思い出す。ずっとまだその時間が好きだし、その時に過ごした人とのことも思い出す。

本番を通して観客の人が入ってくるということがいつからかその瞬間だけ作ることに参加することだと思うようになったんだ。 

大塚はいい街で日に日に好きになる、池袋より好きになっちゃいそう。大塚の街の話し始め方が好きだ。どのように話し始めるかがいいなぁと思う、憧れも入っている。

あと2日、ともかく卵をあたためるように、それまでは熱くやろう。

2021年9月21日火曜日

思うをできる

 信じられないことに、とても信じがたいことにこんなに疲れているのにやはり例によって眠れない。明日からそのまま空港から稽古だというのに困った。

ここ一年くらいか疲れているのに眠れないという事態が生じやすくなったように思う。コロナのせいなのか、年齢のせいなのか。考えてしまう。

直前まで眠たい頭を起こし作業に取り組んでいたからなのか、眠りにつくことが出来ない。この作業中の中で昼寝がてら10分横になるということさえ組み込んだ時間もあったのに!よし寝るぞと準備をし布団に入ったら肝心の眠るに入っていくことが出来ない。

ホテルの引き出しに睡眠薬でも、、、あるわけがない。飛行機の中では寝てしまうだろう、機内でしたかった考え事も進めたかった仕事もお預けだ。悲しい。

夢の中に入れなかったことでダメージを受けるのはむしろ現実の方で、現実の方でやっつけれていない仕事の方で出来ない時間が蓄積されそのストレスの方が溜まっていく。 悪い循環だ。考えなきゃいけない。いや、考えない方がいいのかもしれない。かっこ悪い悩みだ、スムースじゃない、全然スムースクリミナルじゃない。そういうところが我ながらある、けどそんなイメージは外側からは持たれていないかもしれない。そう思うとそっち側から変えられて裏返るということもあるなぁ。

裏返るといえばリバーシブル。先日飛行機の上から見渡した街の映像があったと思えば今日は地上からフェニックスの形をした空を撮影した。スケールが行き来する。Tシャツを羽織る時、一瞬目の前が見えなくなって覆い隠されて、私たちはどこかへ行ってすぐに戻って来ている。それとももしかしたら裏返された世界は全く違う世界を着てしまっているのかもしれない。

Tシャツ逆だよ、と言う友達の世界が反転せよ、という合図かもしれない、と思う時。私たちは背中を合わせて裏側をアクションする一瞬の身振り。

小節の中で辿り着く新しいイデアに

接続詞で終わっても。はつけない。

。をつけずに空白に接続せよ、と思う

この広がる白に接続せよ、と思う

願うまでは行かない、思う、ということなら私の中でやれそうだから。ダンスをするくらい簡単に私の中で願うより思うはやれることとしてあるんだ。そのことが美しいと思う。やれることはそんなに多くないけど、この小さなやれることが愛おしい。アリに出来ることが少ないみたいに人に出来ることも少ない、けどきっとそれでアリ達は話せるみたいに私たちもいれる、と思う。思うは今強い。



2021年9月5日日曜日

ぬくもる

 信じられなことに一瞬で眠れなくなってしまった。今日は早起きでずっと1日通して眠くて、なんならそういう時は油断すると体調を崩しかねないそういう危ういバランスを我ながら感じつつ乗り切る。乗り切りやっとたどり着いた就寝なのに、なんてことだろう、眠れなくなってしまった。 困った。 体力を回復しなかったらどうしよう。 そういえばこの9月を面白く乗り越えられるんだろうか、という不安があってそれは、いくつかのプロジェクトが重なってあるのにそこがぼんやりしていてフォーカスが定まっていない感じがある。このままほとんどのプロジェクトを面白く出来なかったとしたらという不安がある。 そのためにも明日を体力十分で迎えることはかなり重要なのだ、、そのことを考えると余計に頭が焦る。 このことはコロナ前からあった気がするが、もう少し調整が可能だった気がする。

そういえばこうして眠れない時は掛け布団を部分的にかけたり外したりするためか、冷えてるとこやあたためられた部分があることに気付き、ひんやりさせたいところにはまだ冷えてる部分のある掛け布団をもってきてあてたり、そういう風にして使うというのはずーっと前からやってきたことだと思うが、それは少し掛け布団を生きているように扱うみたいだな、とか思う。 ぬくもり。 ぬくもる。

ぬくもる、なんて動詞はないが思わず動詞化させようとしたり、、